トップ > 作品紹介 > ねがい星かなえ星

ねがい星かなえ星

お話の内容

ねがい星かなえ星虹の森に住む、お馴染みライオンのレオンジィ、サルのアイアイ、クマのクマダン、ウサギのギャラコ、そしてカッパのきまる。流れ星が消える前に願い事をすれば叶うと、何度もチャレンジ。でも星はいつも 一瞬で消えてしまう。次に現れた大きな流れ星にやっと願いをかけることが出来たのだが、なんとそれは流れ星ではなく、エネルギー切れで不時着したUFO だった!

元の星に帰してあげようと、代わりのエネルギーを探す動物たち。一方、オオカミのダマレーダ、ウルセーダ、ジャカシーダは宇宙人を捕まえ、UFOジャック!「こいつの星を乗っ取って、宇宙の王様になるのだ」と豪語するダマレーダは、願い事を叶えてやると動物たちをだまし、気球を造らせて空を飛ぶことに成功 した!ところがそれがきっかけで動物たちの願い事は次々に叶ってしまうのであった。

まず「この森の王様になる」というダマレーダに感謝し、賛成するみんな。目の前に起きてきた事に対して目をそむけず、むしろそれを肯定的に捉えていく『心』に打たれ、宇宙人は思いを切々と語り始める。遙か彼方のM21星雲から、美しい地球に憧れてやってきたこと。自分の星では、みんな自分勝手で他人のことなど考えないこと。この地球がこんなに美しいのは、みんなの心に3つの愛ことば「約束守ろう」「仲良くしよう」

キャラクター紹介

ねがい星かなえ星 キャラクター紹介 きまる、ギャラコ、レオンジイ、クマダン、アイアイ、オオカミ軍団

作品に込める思い

この作品は『自他祝福』がテーマ。「地球の汚染を食い止め、きれいにしよう」から更に一歩進んで、「宇宙の中で美しく輝く地球、その地球に住むすべての人に、こんなに素晴らしい星に生きているのだという誇りを感じてほしい」。そんな願いをこめて制作致しました。
この『ねがい星かなえ星』では、これまで「やくそくまもろう!」「なかよくしよう!」「あいさつしよう!」と唱和されてきた『三つの合言葉』が形を変え、『3つの愛ことば』として美しい調べになりました。
カッパのきまるくんと森の仲間たち、そして子どもたちの心に、3つの愛ことばのメロディーがいつまでも響いていることでしょう。
ガリレオが天空に望遠鏡を向けてから400年が過ぎ去った今この地球は、宇宙のどこかから『美しい星』として見つめられているかもしれません。地球人として、誇らしく生きていく子ども達と共に!・・・

ページのトップへ戻る