トップ > 作品紹介 > オズのまほうつかい

オズのまほうつかい 夢と冒険…そして優しさと温かさに出会える

テーマ

「信じること」をテーマに制作しました。人と力を合わせて物事を進める時、お互いの個性を認め、協力しあい、相手を信じる。そんな心の大切さに目を向けた作品です。誰でもみんな、良いところは持っているが、自分自身では気が付いていない部分もあるのではないでしょうか。ドロシー達と一緒にあなたも自分の良さを探してみませんか?

キャラクター紹介

オズのまほうつかい キャラクター紹介 ドロシー、ブリキのきこり、かかし、ライオン

あらすじ

アメリカ・カンザス州に暮らす少女ドロシー(Dorothy)は竜巻に 家ごと巻き込まれ、不思議な「オズの国」(Land of Oz)へと飛ばされてしまう。途中で脳みその無いカカシ・心の無いブリキの木こり・臆病なライオンと出会い、それぞれの願いを叶えてもらうため「エメラルドの 都」(Emerald City)にいるという大魔法使いの「オズ」(Wizard of Oz)に会いに行くことになりました。
それぞれの願いは、叶うのでしょうか?
そして、ドロシーは、自分の家に帰ることができるのでしょうか?

スポットライト

オズの魔法使いは、ライマン・フランク・ボームが著した児童文学作品です。ボームは、14冊、ボームの死後に他の作者等がオズ・シリーズ(Oz books)を出版しています。
「オズ」(Oz)の名の由来は、原作者ボームが近くのファイリング・キャビネットにO-Zと記されているのを見て名づけたなど、色々な説があります。

ページのトップへ戻る